いざというときに安心の子供医療保険

いざというときに安心の子供医療保険

いざというときに安心の子供医療保険

子供の医療費に関して、区市町村からの補助金を受け取ることができるのをご存知でしたか?補助金を受け取るには所得制限などの条件もありますし、最近では子供の数も少なく、子供が入院する確率も低いので、子供のための医療保険をあまり必要と感じない親御さんもいらっしゃいます。

right2.gif 子供保険比較!口コミ倶楽部

学資保険は必要だけど、医療保険はねぇ・・・と考えている親御さんが多いのですが、共働きの家庭やシングルマザーもしくはシングルファザーの家庭では、「いざと言うときに子供の医療保険が役に立った」という声をよく聞きます。

子供が病気やケガをしたときに、上記のような家庭ではなかなか親御さんが付き添ってあげることが難しいのです。まして、入院や手術が必要になった時には、入院費用はもちろんのこと、病院の付き添いの費用など、子供医療保険が心強い味方になってくれます。

子供の病気やケガはいつ起こるかわかりません。風邪で熱を出したぐらいでしたら、親も有給を使って2〜3日仕事を休めばいいのですが、長期入院ともなれば有給休暇だけでは賄いきれません。

まして、有給休暇がない職場であればなおさらでしょう。付き添いをする日数分、お給料も減ってしまいます。これでは、精神的にも経済的にも負担が大きくなってしまいます。しかし、子供医療保険に入っていれば、経済的な負担だけでも軽くなりますし、そのことで精神的な負担もかなり楽になるはずです。

子供医療保険の場合は、保険料も大人ものに比べて安く設定されていますので、同じ金額の給付金を受け取ることを考えれば、随分お得だと言えるでしょう。でも、専業主婦なら看病や付き添いもできるから、子供医療保険は必要ないのでは?と考える人もいると思いますが、子供の入院によってかかる費用はそれだけではありません。

その子の下に小さな弟や妹がいれば、ベビーシッターが必要になるかも知れません。また、入院した病院が遠ければ、電車賃やタクシー代がかかることだってあります。そのような緊急事態に備え、経済的な負担を少しでも軽くするために、子供医療保険を考えてみても良いかも知れませんね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional