おじいちゃんおばあちゃんも契約者になれる学資保険

おじいちゃんおばあちゃんも契約者になれる学資保険

おじいちゃんおばあちゃんも契約者になれる学資保険

子供の将来を考えて加入する学資保険などの子供保険ですが、加入時期や保険料の支払い方法など、いくつかのポイントを知っておくことも大切です。

意外と考えられていないポイントとして、「契約者を誰にするか?」ということがあります。普通は、子供保険の契約者と言えば、パパを思い浮かべると思いますが、契約者をママにして考えてみたことはありますか?

子供保険には、契約者の死亡保障もついていることもありますが、他の保険でパパの死亡保障が十分にある場合なら、子供保険の契約者を思い切ってママにてみてはどうでしょう?

普通、パパとママが同い年ならば、女性であるママのほうが保険料がお安くなるのです。受け取る額が同じなのに保険料が安いなら、ママを契約者にしておくのも賢い方法ですよね。

また、子供保険の契約者は、パパとママしかなれないわけではありません。保険会社によっても違いますが、契約者になれる年齢は70歳までと幅が広い保険もあり、おじいちゃんやおばあちゃんが、孫のために契約者になることもかのうです。

契約者の中には、孫たちとは普段は離れ離れで暮らしているし、遠いので孫の面倒を見てあげることもできないので、せめて保険だけでもおじいちゃん、おばあちゃんが払ってあげるから、という方もいるようです。

おじいちゃん、おばあちゃんの年代になれば、経済的にも余裕がありますので、収入の少ない若夫婦に代わって契約者になるというのもいいですよね。

このように、「契約者はパパ」という枠を一度はずして、その家庭にとって一番適している契約者は誰なのかを考えてみるのもいいでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional