さまざまな種類がある子供医療保険

さまざまな種類がある子供医療保険

さまざまな種類がある子供医療保険

子供が生まれることで、学資保険や子供用の医療保険に入ろうか?と考える人が多いでしょう。ライフスタイルや収入などを考え、どんな保険がいいのでしょうか?

子供の保険には、大きく分けると、将来の教育費を考えた「学資保険」と、万が一の子供の病気やケガに備えた「医療保険」があります。医療保険の場合、親御さんがすでに入っている保険にある「家族特約」として加入する方法もあり、子供が何人いても保険料は同じですので、子供の数が多い家庭では大助かりですよね。

子供を被保険者として加入する場合には、子供の数だけ保険に入る必要があるので注意が必要です。また、子供医療保険には、一定期間に限定された「子供定期保険」と、一生涯保障される「子供終身保険」の2つがあります。

定期保険は、終身保険よりも保険料が安めなのが特徴ですが、子供が将来、成人してから新たに保険に加入するときのことを考えると、継続して加入できる終身保険の方が割安になります。また、男の子がいるご家庭では、病気よりもケガが心配という方も多く、そんなご家庭には、子供のケガのみ保障される「子供傷害保険」がおすすめです。

男の子は女の子に比べると、行動範囲も広く、骨折の確率も高くなっています。特に、野球やサッカーなどのクラブに入っているならば、「備えあれば憂いなし」ですので「子供傷害保険」に入るメリットはありますよね。子供医療保険よりも保険料は安めに設定されていますので、まずは検討してはいかがですか?

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional