よく使われる学資保険用語「祝い金」と「満期金」

よく使われる学資保険用語「祝い金」と「満期金」

よく使われる学資保険用語「祝い金」と「満期金」

学資保険に医療保険・・・子供が生まれ、いざ保険に入ろうと思っても、あまりにたくさんあってどれにしようか迷ってしまいますよね。各社色々な保険を見ていても、保険用語が多くてわかりにくいという声をよく耳にします。

学資保険用語で最もよく使われる言葉に「祝い金」と「満期金」があります。「祝い金」は、幼稚園や小学校、中学、高校、大学までの入園・入学などの節目に支払われるお金で、満期までに該当していれば受け取ることができます。「満期金」は、契約満了時に保険会社から受け取るお金のことです。

また、「据え置き制度」という学資保険用語もよく耳にする言葉ですね。祝い金を受け取らずに、そのまま保険会社に預けておく制度のことですが、この制度を使えば貯金をしているのと同じように利息がつきます。利回りは保険会社によって違ってきますので、事前に確認しておく必要はあります。

「給付金」という学資保険用語も聞いたことはありますよね?保障型の保険でよく使われる言葉ですが、親や子供がケガをしたり、入院や手術をししたときに見舞金として保険会社から受け取ることができるお金です。最近の学資保険は、貯蓄と保障を兼ねたプランが多いので、「給付金」という言葉を使う機会も多くなっているようです。

保障型の保険でよく使われる学資保険用語として、「特約」という言葉もあります。特約とは、通常はその保険に付加されていない特別な保障のことです。車を買うときのオプションのようなものですよね。

特約には、「入院特約」や「手術特約」「通院特約」「養育年金特約(育英年金特約)」など、さまざまな種類があります。その保険や保険会社によっても、どの特約をつけることができるかは違いますので、事前に保険会社に確認して、ライフプランに合った特約をつけたいものですよね。

もちろん、特約をつけることによって保険料は当然高くなりますので、必要なものだけを賢く選択するようにして下さいね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional