ママの保険を見直すタイミング

ママの保険を見直すタイミング

ママの保険を見直すタイミング

「子供が産まれてきたら、学資保険に入ろう!」と決めている親御さんは多いと思いますが、実はこの時期はママの保険を見直す時期でもあるのです。

保険って情報収集も大変だし、外交員の人の説明を聞いてもよくわからないし・・・なんていう理由で、見直しをせずに、そのままずるずると同じ保険に入ったままという人も多いようです。特に女性の場合、母子家庭でもない限りは、ママの保険よりは、パパの保険のほうが充実したものに加入しているケースがほとんどでしょう。

そこで、女性が保険の見直しをするタイミングを見てみましょう。まずは結婚したときとなります。夫婦ふたりだけのときは、死亡保障を抑えた割安な保険で十分だと思いますが、結婚する前にお互いに入っていた保険について、一度、夫婦でゆっくりと話し合ってみることが大切です。

次のタイミングは、子供が産まれたときになります。子供の保険を考えるときに、ついでと言っては失礼ですが、ママの保険も見直しておきましょう。保険料はできれば割安な方がいいのですが、医療保障が充実したものに加入しておけば安心を買うこともできます。

小さな子供がいる家庭では、ママが病気やケガで入院すればパニック状態になり、家族みんなの負担は、精神的にも経済的にも大きくなるケースが多いのです。入院費はもちろんのこと、長期間の入院となれば、ベビーシッターや家事代行を頼むお金も必要になるかも知れません。

理想としては、入院保障が日額1万円くらいある保険をおすすめしますが、経済的に難しいようでしたら、最低でも日額5千円くらいのプランは確保しておきましょう。入院によって主婦が家事をできなくなった場合に、月額で保障してくれる嬉しいプランもありますので、検討してみるのもいいですよね。

また、すでに入っている生命保険を契約し直すのにちょっと抵抗がある場合や、その保険がよいものであれば、それとは別に医療保険だけのものに加入するのもひとつの方法です。

毎月の保険料を安く抑えるためには、若いうちに終身型の保険に加入しておくことをおすすめします。若いときは、病気のことなんてあまり考えられないですが、若いからこそ将来のことも考えて、早めに良い保険に入って、保険料を安く抑えるような工夫が必要ですよね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional