万一のときに学資保険よりも有利な終身保険

万一のときに学資保険よりも有利な終身保険

万一のときに学資保険よりも有利な終身保険

子供の教育資金の確保と言えば「学資保険」と考えている方が多いのですが、学資保険の代わりに「終身保険」を利用する方法もあることをご存知でしたか?

「でも、終身保険じゃ教育費として引き出すことができないのでは?」確かに、学資保険と違って、幼稚園や小学校、中学校などの入園、入学時の祝い金はありませんが、払い込み期間を10年、15年と短く設定することで、教育費が一番かかる大学入学時には、まとまった資金を得ることができますので安心です。

ただし、学資保険の代わりとして終身保険を利用するときは、「低解約返戻金型」にしましょう。低解約返戻金型は、通常の終身保険より保険料が安く設定されています。保険料を払い込んでいる期間中に解約した時の解約返戻金を、通常の7割に抑えることにより、通常よりも1割前後も保険料が安くなる場合もあるんですよ。

また、払い込み期間中に解約しなければ、払込満了後の解約返戻金は通常の水準に戻ります。払い込みが終了してから解約した場合に戻ってくる保険料が高くりなりますので、子供の進学のタイミングに合わせて解約すれば、支払った保険料よりも受取額が上回ります。これなら、貯蓄性という点でもメリットが大きいわけです。

保障面でも、基本的には終身保険なので、契約者である親御さんに何かあったときに受け取る死亡保険金は、通常の学資保険よりも高くなっています。また、解約のときも、必要な分だけすることもできますし、そのまま終身保険を減額して続けることもできるのです。低解約返戻金型の終身保険なら、保障面ばかりでなく貯蓄性にも優れた保険と言えますよね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional