児童手当を賢く使かった学資保険

児童手当を賢く使かった学資保険

児童手当を賢く使かった学資保険

子供が生まれて学資保険に加入しているご家庭は年々増えていますが、最近では保険会社によってその内容はさまざまです。特徴のある人気プランとしては、5年で満期を迎えるような支払い期間が極端に短いものから、大学進学時に1千万円を受け取ることができるようなたプラン、双子ちゃん専用のプランなど、魅力的なプランがさまざま用意されいます。

最近では、児童手当を活用したプランも人気があります。児童手当は、子どもを安心して育てられるように、国から一定の金額を養育費の補助的な意味合いで受け取ることができる制度です。この制度を利用するには、以前は小学校3年生までが対象となっていましたが、2006年に小学校6年生までと対象期間が延長されました。

受け取れる金額は、子供1人あたり月額5千円で、3人目以降は1人あたり1万円になり、毎年2月と6月、10月に4カ月分がまとめて支給されます。ただし、所得制限などもありますので、各区市町村へ問い合わせてみるといいでしょう。

所得は毎年変わるという前提で、1年ごとに申請が必要となります。初めて申請したときに、所得制限に引っ掛かってもらえなくても、所得が減ったり、子供の数が増えれば、もらえるようになる可能性もありますので、忘れずに申請しましょう。

子供の将来の教育費のために、児童手当は毎月貯金しているというご家庭も多いのですが、児童手当はもともと子供の養育費のためとして支給されるもの。

それを生活費にあててしまうのではなく、児童手当を有効活用した学資保険として、3才までが月々1万円、12歳までは月々5千円の保険料ですみますので、きちんとした形で子供のために残しておくというのはいい方法ですよね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional