子供が22歳になるまでにかかる教育費の目安

子供が22歳になるまでにかかる教育費の目安

子供が22歳になるまでにかかる教育費の目安

あなたは子供の教育費がいくらぐらいかかると考えていますか?子供の希望を叶えてあげたいというのが親心ですが、経済的なことがやはり親御さんにとっては気になるところでしょう。

教育費を確実に貯蓄していく方法として「学資保険」がありますが、実際に学資保険に加入する前に、教育費の金額を具体的に調べておくのも大切なことです。それにより、保険料をいくらぐらいに設定したらいいのかも参考にすることができます。

子供が生れて、まず、最初に教育費としてお金が必要になるのは幼稚園や保育園の費用になります。幼稚園には公立と私立があり、公立ならば年間15万円程度の費用ですみますが、私立に通わせるともなれば年間35万円前後が必要となります。

授業料自体は月に2万円前後ですが、やれ入園料だ、制服代だ、スクールバス代だなどと、次から次へとお金のかかることばかりが出てきます。ただし、幼稚園によってその金額は違ってきますので、その辺も幼稚園を選ぶときの基準にするといいでしょう。

小学校は義務教育なので、公立の場合ならば授業料はかかりません。ただし、給食費や学用品代はいくら公立でもかかりますし、学校以外にも習い事をさせれば、そのための費用などで平均年間に30万円前後がかかることになります。中学校になると、さらにクラブ活動の遠征費や塾の授業料など、公立でも40万円前後、私立ならば120万円前後になると言われています。

さらに高校になると、公立では平均約50万円、私立ならば約100万円はかかります。もちろん、大学進学ともなれば、教育費にかかる割合が一番高くなることは言うまでもありません。国立、公立、私立によって差はあるものの、私立大学に子供が通った場合の年間教育費は、平均で150万円前後にもなるそうです。

教育費に加えて、通う大学が家から遠い場所にあれば、アパート代などで月々の仕送りも必要になってきますよね。何だか考えただけで頭がクラクラしてきますが・・・でも、考えないわけにもいきませんので、大体の費用は把握しておいたほうが、後になって「足りないよー」となることも少ないはずです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional