学資保険に入る前に考えておくべきこと

学資保険に入る前に考えておくべきこ

学資保険に入る前に考えておくべきこ

子供が産まれ、将来の教育費のために学資保険に入る人はたくさんいますが、すでに入っている保険があるのならば、学資保険に入る前にその保険の内容をしっかり見直しをしておくことも大切です。

ある程度決まった教育費を確保する目的ならば、学資保険はとても有効的な手段ですが、その分、保険料の合計も増えますので、当然ながら日々の家計が圧迫されることもあります。でも、これだは何のために保険に入ったかわからなくなりますよね。

学資保険に入ってしまったために日々の生活が苦しくなり、途中で解約するなんてことになれば、加入期間によっては、それまで払ってきた将来の大切な教育資金を無駄にしてしまうケースもあるのです。

そんな無駄をなくすためにも、加入している保険を見直すと同時に、現在の家計状況がどうなっているのかをしっかりと把握しておく必要があります。それによって、月々の保険料をいくらに設定したらいいのか、だいたいの見当がつくものです。

学資保険の保障内容や祝い金の金額は、一般の保険と同じようにさまざまです。満期時にできるだけたくさんの額を受けとろうと思えば、毎月の保険料も当然高くなります。

でも、家計とのバランスを考えて保険料の設定をしなければ、「とらぬ狸の皮算用」になってしまいます。子供は何人くらい欲しいと考えているのかということも考慮し、あくまだでも家計に見合った保険料にすることがポイントとなります。

また、保険を見直すときには、保険料だけでなく保険の内容も十分に確認しておきましょう。学資保険には、「貯蓄重視型」と「保障重視型」との2種類があり、保障重視型の学資保険は、すでに加入している保険の保障内容と重なってしまう場合もあります。そうなると、無駄な出費が増えることになってしまいます。

ただやみくもに保険に入ればいいというのではなく、無理なく、無駄なく入れることも重要になりますよね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional