学資保険に加入する時のポイント

学資保険に加入する時のポイント

学資保険に加入する時のポイント

学資保険に入る人たちは、やはり子供の将来を考えて加入する人がほとんどですが、加入にはいくつかのポイントがあり、そのひとつが加入のタイミングになります。「まだ子供が産まれたばかりだから、もう少し大きくなってからでもいいかな?」なんて考えている人が意外に多いものなのです。

しかし、結論から先に言えば、学資保険に加入するタイミングは、できるだけ早いほうがいいのです。ほとんどの保険が、子供と契約者である親御さんの年齢で保険料が決まります。

子供が3才になってから加入するよりも、0歳のときに加入したほうが、当然、毎月の保険料は安くなります。つまり、保険料を支払う期間が長ければ長いほど、月々の保険料の負担が小さくなるのです。ですので、毎月の保険料を安くしたいと考えているならば、子供の年齢ができるだけ低いほうがいいのです。

加入できる時期は、保険会社や保険の種類によって違ってきます。0歳から加入できるものもありますし、最近では出産前から加入できる保険も増えています。

子供が産まれてしまうと、育児に追われてじっくりと保険の種類を検討する時間も取りにくくなりますので、妊娠中にゆっくりと保険を選んで加入しておくのもいいですよね。

また、毎月の保険料を安くする方法として、1年分をまとめて払う「年払い」にするのもいいでしょう。学資保険に限らず、年払いやボーナス払いにしてまとめて払ったほうが、月々に換算すると割安になります。

さらに、経済的に余裕があるならば、ある程度まとまった保険料を一括して払ってしまう「前納方法」もあります。

これは、保険料の一部または全部を期月より前に保険会社に支払う方法です。まとめて前納した分には所定の割引があります、年払いよりもさらにお得になります。

この場合、保険料を預けている形になりますので、もしも解約したり、万一死亡した場合には、保険料に回されていない分は戻ってきますので安心です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional