学資保険の途中解約で戻ってくる解約返戻金

学資保険の途中解約で戻ってくる解約返戻金

学資保険の途中解約で戻ってくる解約返戻金

「子供の将来を考えれば学資保険に入っておいたほうがいいのはわかっているのですが、この先も保険料を払い続けられるか?って心配です。」というような声を耳にすることがあります。では、せっかくかけていた学資保険料が、何かの理由で払えなくなった場合はどうなるのでしょうか?

学資保険料が払えなくなるケースとして、2つの理由が考えられます。大変悲しいことですが、契約者であるパパやママに万一のことがあり亡くなられたり、高度な障害が残ってしまった場合と、その他の理由で解約する場合です。

前者の場合は、給付金は受け取ったり、加入した学資保険の内容によっては、保険料の免除などを受けられることもありますので、保険料が払えなくなるという心配はありませんが、問題となるのはその他の理由で解約をしなければならないときです。

ここで知っておきたいのは、経済的な理由などで学資保険を解約する場合には、「解約返戻金」が戻ってくるということです。ただし、その時点で保障は使えなくなってしまいますので心得ておきましょう。

保険を途中で解約した場合に保険会社から受け取る解約返戻金とは、簡易保険でいう「還付金」にあたります。ただし、それまでに払い込んできた保険料が全額戻ってくるわけではないので、極力、解約は避けたいところです。

もしも保障を残しておきたいのであれば、この解約返戻金を保険料として保険会社に貸し付ける形式にすれば、保障は継続して受けることができる場合もあります。

また、それまでに支払った保険料の範囲内で保証を受け取ることや、保障内容や祝い金を安く設定し直して、月々の保険料の支払額を少なくするという方法もあります。

いずれにしても、学資保険料が払えなくなったからと言って、すぐに解約してしまうのではなく、損失を最小限に抑える方法がいくつかありますので、まずはご自分が加入している保険会社の担当者に相談してみるようにしましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional