学資保険も兼ね備えた終身保険

学資保険も兼ね備えた終身保険

学資保険も兼ね備えた終身保険

子供の保険といえども、しっかりと貯蓄性のあるものにしたいと考えている方には、低解約返戻金型の終身保険はいかがでしょうか。

終身保険の払い込み期間が短ければ短いほど、月々に支払う保険料は高めになりますが、子供が産まれて早めに契約すれば、中学生を卒業する頃には払い込みが終了します。

高校、大学へと進学させるにはかなりのお金がかかります。まだあまりお金のかからない義務教育のうちに支払が終了すれば、その後の家計のやりくりがかなり楽になります。

また、解約せずに据え置きしておく方法もありますので、据え置き期間が長ければ、返戻率もアップしてそれだけお得というわけです。1年解約を伸ばすだけで、約2万円の差が生じるますので、すぐに使う予定がなければ据え置きしておいたほうがいいでしょう。

保険会社によって、払い込み期間の設定条件は色々違ってきますが、「あいおい生命」の場合は、最短10年の払い込み期間で設定ができ、子供の年齢にもさまざまな対応が可能です。ただし、「東京海上日動あんしん生命」の場合には、15年以上90歳以下に設定しなければいけないことになっています。

利率や配当金などの条件も各社さまざまですが、あいおい生命の場合、配当金はありませんが利率が変動するというメリットがあります。「日本興亜生命」や「東京海上日動あんしん生命」は、利率が一定で利差配当金が5年ごとに出る仕組みになっています。

「オリックス生命」の98歳満期の長期定期保険は、返戻率が高めになっているので学資保険として人気がありますが、契約年齢が35歳以上で50歳までに払い込みを終了させるといった条件があります。

「低解約返戻金型」の終身保険は、損保系の生命保険会社で扱っていることが多く、加入を考えているならば、複数の保険会社でまずは試算してみるのもいいでしょう。自分の年齢や、将来の計画に合った条件の保険を選んで、賢く利用して下さいね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional