必要なときにお金を借りることができる学資保険

必要なときにお金を借りることができる学資保険

必要なときにお金を借りることができる学資保険

学資保険といえば、子供の将来にかかるべき教育費用のための保険で、貯蓄と考えるのが一般的です。では、銀行や郵便局を利用した貯蓄との違いは何なのでしょうか?

学資保険には、銀行や郵便局の積立貯蓄とは違ったさまざまな特徴があります。ひとつには、契約者である親御さんに万一のことがあった場合に、「給付金」を受け取ることができる「保険料払込免除」の特約がつけられます。その他にも、医療保障や死亡保障などが充実している点もメリットとなります。

さらに、学資保険のメリットと呼べる特徴が他にもいくつかあります。まず、確実に貯蓄できるということも、学資保険のメリットと言えます。

当たり前といえば当たり前ですが、学資保険は、通常ならば銀行から自動的に引き落とされますので、知らない間に確実に貯蓄ができと言うわけです。お財布や普通預金口座にあったのでは、すぐに使ってしまうので貯金が中々できない、という人にはおすすめの貯蓄方法ですよね。

また、「契約者貸付制度」という制度も、学資保険の大きなメリットになります。契約者貸付制度とは、保険会社から一定の限度額までお金を借りることができる制度です。

限度額は、保険会社によってさまざまですが、ほとんどの保険は解約返戻金の約8割〜9割に設定されているところが多いようです。

銀行などからお金を借りるときには、手続きも面倒ですし、審査もあったりして面倒だと感じている人も多いはずです。契約者貸付制度なら、そのような手続きは一切なく、回数に制限もありません。

また、普通は契約している保険の満期日までに返済をしておけばいいので気が楽ですよね。この契約者貸付制度は、学資保険を利用している人でも、案外知らない人が多いのです。

ご自分が加入している保険には、どんな特徴があるのか?どんな特約をつけることができるのか?どんなときにお金を受け取ることや借りることができるのか?なども、しっかり把握しておけば、多少家計が苦しくなったとしてもやりくりできるそうですよね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional