知っておきたい学資保険のデメリット

知っておきたい学資保険のデメリット

知っておきたい学資保険のデメリット

学資保険は子供の教育費のためにと利用している方がほとんどですが、学資保険にもデメリットがあることも知っておいたほうがいいと思いませんか?

考えられるデメリットとしては、利回りの低さと契約期間が長期に渡ることなどでしょう。また、大きなデメリットとして「インフレリスク」があるという点も注目しておかなければなりません。インフレリスクとは、景気がよくなり物価が上がったときに、物価の価値が上がることで貨幣価値が下がってしまうというリスクのことです。

本当なら100万円の価値があったのに、50万円の価値しかなくなってしまうということです。物価が上昇したときには、運用利率がそれ以上になければ、貯金が目減りしてしまう事態が発生してしまうのです。

通常、学資保険は受け取ることができる学資金や祝い金の総額は、契約したときに決まっていますよね。契約期間中に、極端に物価が上昇したり、教育費が余計に必要になってしまったりした場合でも、加入時に定められた金額しか受け取ることができません。

保障を重視している学資保険では、もともと元本割れしている保険もあります。しかし、基本的には元本割れしていなくても利回りの低い学資保険が一般的に多いのが現状のようですし、現在のように経済状態も不安定であったり、低い金利の場合は要注意なのです。このようなインフレリスクがあることもしっかりと頭の中に入れておいたほうがいいでしょ。

単純に貯蓄目的で学資保険を考えているのなら、学資保険にこだわらず、変動金利の普通預金のほうがよい場合もありますので、学資保険に加入する前にはじっくりと検討してみましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional