知っておきたい学資保険用語

知っておきたい学資保険用語

知っておきたい学資保険用語

あなたは学資保険についてどのぐらいの知識がありますか?「保険って何だか面倒臭い」「説明を聞いてもわからない」と思われがちです。でも、学資保険に賢く加入するためには、多少なりとも保険についての勉強をしておく必要があります。

保険用語には気が遠くなるぐらい色々な言葉がありますが、よく使われる学資保険用語に「返戻率」というのがあります。返戻率とは、支払った保険料に対して、祝い金や満期金などを含めて受け取ることができる総額の割合のことです。

計算式は、受け取ることができるお金の総額÷支払う保険料の総額となります。返戻率が100%をきっている場合は、その学資保険は「元本割れ」ということになります。ただし、一般的には、保障内容が充実していたり、育英年金が付いていたりする場合には、返戻率は低く設定されているようです。

返戻率が100%を超えている保険に「貯蓄型学資保険」がありますが、貯蓄型の中でも、保険会社によって返戻率はさまざまです。貯蓄に重点をおいて学資保険を選ぶなら、返戻率が1つのポイントになります。

また、貯蓄性を考えたときに、もう1つポイントになるものに「配当金」があります。保険会社に余剰の利益が出た場合に、支払われるのが配当金になります。祝い金や満期金とは別ですので、"ボーナス"といえるかも知れませんね。

保険料は、予定死亡率、予定利率、予定事業費率という3つの予定率から計算されていますが、実際の死亡者数や利回り、事業費は予定と異なることもあります。ですので、毎年の決算で余剰金が発生し、保険料を支払っている契約者から余分に預かっているお金として、定期的に保険会社から配当金としてお金が返される仕組みになっています。

配当金がない「無配当保険」、予定利率と実際の利回りの差によって余剰が生じたときのみ配当金がもらえる「利差配当付保険」、3つの予定率をトータルして余剰が発生したときに配当金がもらえる「有配当保険」があります。配当金の金額は保険会社によっても違ってきますので、その辺はしっかりとチェックすることをお忘れなく。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional