貯蓄が苦手な人におすすめの学資保険

貯蓄が苦手な人におすすめの学資保険

貯蓄が苦手な人におすすめの学資保険

学資保険に入っている人の中にも「本当に必要なのかしら?」と、少なからず疑問に思っている人は多いのではないでしょうか?

結論から言えば、学資保険は必ずしも入らなければいけないものでもありません。学資保険に入っている人の多くは、「お友達や近所の人が入っているから」「保険会社の人に強くすすめられて」というように、何となく必要な気分にかられて入ってしまった、という人が意外にも多いのです。

以前は、貯蓄率の高い商品として学資保険に加入する人が多かったのですが、最近では金利も低くなっているため、払い込んだ保険料の総額よりも、受け取る総額のほうが少なくなってしまうケースもあります。ですので、単に貯蓄だけを目的としているなら、あえて学資保険を選ばなくても、銀行などの別の金融商品でも十分だと言えます。

学資保険の一番の魅力は、保障内容と貯蓄性です。確かに、その部分に魅力を感じて加入する人もたくさんいますが、いざ子供が死亡したときに多額の保険金を受け取っても、それで喜ぶ人はいないですよね。

契約者が死亡してしまった場合の保証についても同じことは言えますが、この場合は、今後の子供の養育の問題も発生してきますので、お金では埋められない部分はたくさんありますが、お金で助かった人たちもたくさんいます。

ですので、万一、パパやママが亡くなった後のことを考えるのであれば、学資保険とは別の生命保険でも、しっかりした保障があれば問題はありません。医療保障を重視するなら、共済などの掛け捨てタイプなら保険料もリーズナブルに抑えることもできます。

現在の学資保険では、これらのこともふまえ、余計な死亡保障などを付けず保険金をカットして貯蓄性を高くした商品も増えています。ただし、あなたが銀行にお金を預けたのでは、ついつい使ってしまうというような"貯蓄苦手"なタイプならば、こうした貯蓄性の高い学資保険を選べば計画的に貯蓄することができますよね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional