貯蓄性とさまざまな特約が魅力の学資保険

貯蓄性とさまざまな特約が魅力の学資保険

貯蓄性とさまざまな特約が魅力の学資保険

「子供の教育資金のために学資保険でしっかりと貯蓄しておきたい!」と考える人も多くなりましたが、学資保険と通常の銀行や郵便局での積立貯蓄との違いは何なのでしょうか?まずは、学資保険のメリットについて考えてみましょう。

学資保険をひと言でいえば、「教育費の貯蓄を目的とした保険」と言えるでしょう。しかし、貯蓄だけが目的なら、銀行や郵便局の積立貯蓄と同じじゃないの?と思いますが、学資保険には貯蓄性にプラスして、さまざまな特約があるのが魅力でしょう。

まず、契約者である親御さんが万一死亡したり、重度の障害が残って働くことができなくなった場合などに、それ以降の保険料を払わずに給付金を受け取ることができる「保険料払込免除」の特約があります。

こうした万一はあまり想像もしたくありませんが、もし実際にそうなったときのことを考えれば、やはり子供の将来の教育資金のことが心配ですよね。

こういう場合に、銀行や郵便局の貯蓄などでは、積立はそこで中断されてしまいます。でも、学資保険なら、払い込んだ期間や保険料にかかわらず、万一のときには一定額の給付金を受け取ることができるのですから、心強い味方ですよね。

さらに、子供の医療保障を充実させることもできるのです。子供がケガや病気で入院や手術が必要になってしまったときや、通院が必要になってしまったときなどに、一定の保障を受けることができます。

保障の内容は、保険会社や加入した保険によっても違いますので、子育てをしていく上では、貯蓄だけでなく、このような保障があることで安心することができますよね。

また、子供が無事に成長して満期を迎えた場合に受け取る「満期金」ですが、万一、満期の前に死亡してしまったとしても、満期金をそのまま受け取ることができますので、払い込んだ保険料も無駄にならずにすみます。もちろん、そんな万一はないにこしたことはありませんが、学資保険ならではのメリットと言えますよね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional