貯蓄性と万一の保障を考えた子供保険

貯蓄性と万一の保障を考えた子供保険

貯蓄性と万一の保障を考えた子供保険

「子供保険」はよく耳にする言葉ですが、一体どんな内容の保険なのでしょうか?子供保険は、「学資保険」と「婚資保険」を組み合わせたものが一般的です。「学資保険」は子供の教育資金として、「婚資保険」は子供の結婚資金として、この2つの機能を兼ね備えたものなのです。

保険の内容は各保険会社によって違いますが、名前や種類だけで勝手に判断せずに、まずはその保険の内容をよく理解することが大切です。「子供にはいい大学に行かせたい」「若いうちに語学留学もさせたい」でも、一体いくらお金を用意しておけばいいの???

子供が、高校や大学に進学する時期というのは、収入より支出のほうが上回ってしまう家庭が結構多いのです。「備えあれば憂いなし」そんな時にあわてないためにも、子供が小さいうちから子供保険に加入して、計画的に貯蓄することをおすすめします。加入年齢も、子供が出生する前から5歳から6歳までの間でしたら大丈夫です。

また、子供が進学する時期にお金が一番必要になりますが、そんなときに学資保険に入っていれば安心ですよね。学資保険には、子供が12歳、15歳、18歳などの節目に、祝い金を受け取ることができるタイプと、18歳や20歳などの年齢になってから満期受領金を受け取るタイプなどがあります。

内容は各保険会社によってさまざま違いますので、いつ頃にどれだけ必要になるのか、よく検討した上で加入することが大事です。また、契約者である親御さんに万一のことがあって、保険の支払いができなくなってしまった場合には、払い込みが免除される特約もあります。

他にも、子供の入院や手術に備える医療特約や、これも万一に備えてということになりますが、子供が亡くなってしまったときに「死亡給付金」を受け取ることができる特約などもあります。これらのことを考えれば、子供保険は貯蓄性もあり、万一の保障にも対応している万能選手と言えます。

貯蓄に重点をおいたタイプや保障に重点をおいたタイプもありますし、バランスよく2つの特徴が組み合わさったタイプもありますので、ご自分の家庭に合ったタイプを選ぶようにしたいものですよね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional